音楽考察感

購入したCDやレコード+Amazon Music Unlimitedで聞いた音楽のレビューと言うかなんというか


    スポンサーリンク


    レコードを整理しながらあんまり聴いてなかったレコードを色々聴き直し中。



    deka
    続きを読む

    mt-fuji-1346096_640

    フジロック2018の出演アーティスト第2~4弾が発表されてたので、Amazon Music Unlimitedで聞ける音源をざっとご紹介。

    第一弾はこちら

    第2~4弾アーティスト:
    サカナクション、BRAHMAN、Dirty Projectors、マキシマム ザ ホルモン、バハナ、go!go!vanillas、ジョン・ホプキンス、マック・デマルコ、小袋成彬、Rancho Aparte、Suchmos、ユニコーン、ボブ・ディラン、cero、エレファントカシマシ、ハナレグミ、MORE THE MAN、odol、5lack、ストレイテナー、Fishbone、Nathaniel Rateliff & The Night Sweats、Parquet Courts、Starcrawler



    まずはサカナクション。
    説明不要ですかね。
    こちらは聴ける中で一番新しいシングル。
    打ち込みメインのこういうタイプ好き。



    ブルックリンのバンドDirty Projectorsの2017年作。
    久しく聴いてなかったですけど、ロック感が少なくなってて昔の印象とはちょっと違う感じ。
    ソランジュとか参加しててR&B色強いですね。



    小袋成彬は知らなかったんですけど、宇多田ヒカル関連の新人?みたいです。
    こちらは4月に発売されるファーストアルバムからのシングルカット。
    まさに女版宇多田ヒカルって感じ。(雑)
    要注目。



    カナダ出身のSSW、Mac DeMarcoの2017年作。
    絶妙なヘロヘロ感と脱力感と幸福感。
    大好き。




    最近?大人気のSuchmosの2017年作。
    ジャミロクワイに影響受けてるらしいです。
    ベースがブリブリいっててライブ楽しそうですね。




    Jon Hopkinsの2013年作。
    宇宙っぽい感じやアンビエント感のあるエレクトリックニックダンスでとても好み。
    5月にアルバム出るらしいんでそれも楽しみ。




    コロンビアの若手人気グループらしいRancho Aparte。
    管楽器のアンサンブルが楽しいラテンなノリのお祭りミュージック。
    スタイル的には伝統的な感じですけど、若手らしい勢いがあって新鮮です。




    ユニコーンはけっこういろいろありました。
    古いアルバムがリマスターされてます。
    なつかしい。大迷惑。




    エレカシはあんまり新しいのは聞けないみたい。
    こちらは07-12のベストアルバム。




    ハナレグミで聴けるのはこちらのシングルのみ。
    曲調が何かの主題歌っぽいなと思ったら是枝監督作品の『海よりもまだ深く』の主題歌でした。
    深呼吸ってタイトルだとポラリス思い出す。聞きたい。



    日本の若手6人組バンドodol。
    こちらは2017年発売のEP。
    ストリングスとか歪んだギターに感情の乗ったボーカル入る感じ。
    現代的。



    LAのロックバンドStarcrawlerの2018年作。
    ヤーヤーヤーズを若くした感じのストレートなロックバンド。
    PV見たらボーカルの子が痩せ過ぎてて単純に心配になっちゃった。
    色んな所でかなり注目されてるみたいです。



    ニューヨークのバンドParquet Courtsの2016年作。
    演奏もボーカルもいい感じのヘロヘロ具合で最高。
    いかにもニューヨークって感じ。好き。



    フィッシュボーンの名盤3rd。
    このミクスチャー加減が絶妙。
    かっこいいねー。



    そしてまさかのボブ・ディラン。
    こちらは2016年作のスタンダード作品集。
    最近はカバーをよくしてる印象ですけど、どんなライブになるんですかね。





    ざっと紹介してみました。
    あんまり知らなかったいいバンドが見つかるんでこういうの楽しいですね。
    他のフェスのもやろうかな。
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    スポンサーリンク

    このページのトップヘ