今夜のご紹介はこちら。

ay
アルゼンチンの女性シンガーソングライターAyelen Secches(アジェレン・セッチェス)のデビューアルバム「Carte Postale」です。


こちらもよく知らずにジャケの雰囲気とアルゼンチンの新人女性歌手ということで購入。Nora Sarmoriaにハマってからアルゼンチン女性歌手をちょこちょこ買ってます。

この方90年代生まれの若い女性SSWで、7歳頃からクラシックピアノやギターを習っていたとのこと。小さい時に聴いたビートルズの影響を強く受けたようでビートルズ関連のコンテストにも出ていたらしいです。その後ブエノスアイレスの若手の登竜門的コンテストで賞を受賞し、それが認められる形で作ったのがこのデビューアルバムのようです。こう聞くとビートルズっぽい感じのロックかと思いますけど、そこはアルゼンチン、あんまりビートルズっぽさは無くて、どちらかというとジャズやクラシック的な色が強く出ている作品でした。

収録は全9曲。

1. Mujer 1 (Buenos Aires) 
2. Mujer 2 (Amsterdam) 
3. Mujer 3 (Montevideo)  
4. Mujer 4 (Esslingen)
5. Mujer 5 (Paris) 
6. Mujer 6 (Liverpool) 
7. Mujer 7 (Caracas)
8. Mujer 8 (Nueva York)  
9. Mujer 9 (Berna) 

全曲オリジナルで基本的にピアノを弾きながら歌うスタイル。
世界各地の都市名がタイトルについてますが、各都市の女性から届いた手紙を仮想テーマにしたコンセプトアルバムになっています。

コツコツという足音から始まる1曲目「Buenos Aires」。透明感のあるやさしい歌声とフルートとピアノが気持ちよくてリラックスできる曲。この歌声大好き。

2曲目「Amsterdam」は自由自在なクラシック的なピアノとボーカルでしっとりと。

3曲目「Montevideo」はジャジーなベースとパーカッションのアンサンブルが気持ちいい疾走感のある曲。途中に入るピアノを弾きながら?の高速ラップがかっこいいです。

4曲目「Esslingen」は現代音楽的な響きから入る不思議な響きの曲。ヴィブラフォンとピアノのアンサンブルが面白いです。

5曲目「Paris」はフランス語で歌ってます。ここでも自由自在のピアノが聴けます。

6曲目「Liverpool」は軽やかなメロディのジャジーなピアノポップ。ベースが効いてます。

7曲目「Caracas」はクラシカルなピアノから入る少し切ない響きのあるメロディーの曲。

8曲目「Nueva York」は英語で歌ってます。ささやくような歌声とチェロとピアノがとても気持ちいい。

9曲目「Berna」は影のあるクラシック的なピアノインスト曲。

ジャズから現代音楽、クラシック、ポップまでいろいろなピアノが弾ける人のようでピアノの音だけでも1枚作れそうな感じがしました。ボーカルも自由自在ですし、才能の塊と言った感じ。

参加してるメンバーがアルゼンチンジャズシーンの方たちのようなので、全体的にジャズ色が強くなっていて、アレンジも凝ってて面白いです。ベースのDaniel Mazaが気になったので、この人の参加してる他作品も聞いてみたい。と、思って調べたらOsvaldoとHugoのFattoruso兄弟とトリオでやってる人でした。納得。

直近はどういう活動してるのかと思って、YouTubeで検索してみたらギターを弾き語りで歌ってるライブが出てきました。これもギターを自由自在に引き倒してて本当に素晴らしい。次のアルバムも早く聴いてみたいです。

女性SSW好きの方におすすめです。



スポンサーリンク

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
      このエントリーをはてなブックマークに追加