今夜のご紹介はこちら。

miucha

ブラジルの女性シンガー、Miucha(ミウシャ)のアルバム「Ao Vivo No Paco Imperial」です。

2015年発売ですが、2000年12月にパソ・インペリアルで行われた「サンバとショーロ拍子」というシリーズのライブを収録したものです。パソ・インペリアルはリオデジャネイロにある歴史的建造物で18世紀に建設された王宮。そういう場所だからなのか、温かい曲終わりの拍手はありますが、音楽をジャマするようなお客さんの声はまったくなく、とてもいい雰囲気です。録音も生々しくて素晴らしい。

収録曲は全17曲。

1.Na batucada da vida (Ary Barroso / Luiz Peixoto)
2.Pra que mentir (Noel Rosa / Vadico)
3.Carta ao Tom / Carta do Tom (Vinicius de Moraes / Tom Jobim / Chico Buarque / Toquinho)
4.O amor em paz (Tom Jobim / Vinicius de Moraes)
5.Pela luz dos olhos teus (Vinicius de Moraes)
6.Falando de amor (Tom Jobim)
7.Maninha (Chico Buarque)
8.João e Maria (Chico Buarque / Sivuca)
9.Chansong (Tom Jobim)
10.Querida (Tom Jobim) 
11.Anos Dourados (Tom Jobim / Chico Buarque)
12.Todo o Sentimento (Chico Buarque / Cristóvão Bastos)
13.Resposta ao tempo (Cristóvão Bastos / Aldir Blanc)
14.Catavento e Girassol (Guinga / Aldir Blanc)
15.Valsa Rancho (Chico Buarque / Aldir Blanc)
16.Pressentimento (Elton Medeiros / Herminio Bello de Carvalho)
17.Deixa / Tem dó (Vinicius de Moraes / Baden Powell)

ピアノ、ベース、パーカッションのトリオが基本のリラックスした雰囲気で、選曲からも分かる通りまさに集大成のステージと言った印象。いわゆる軽いだけのボサノバではなく、しっとりとしたバラードからサンバまでブラジル音楽の奥深さがわかるセットリストになっています。

エリス・レジーナで知られるしっとりとしたスローサンバな1、哀愁たっぷりのノエル・ローザのサンバな2、ジョビンとヴィニシウス・ヂ・モライスのボッサな3、同じコンビの名バラード4、ジョビンとミウシャ名義で出した77年のアルバムにも収録していた暖かいワルツボッサの5、同アルバムに収録していたシコ・ブアルキの名曲をベースのNoveliとしっとりデュエットしている6、シコ・ブアルキのスローワルツをしっとりと7&8、ピアノのHelvius Vilelaとジョビンのユーモラスなラブソングを英語でデュエットしてる9、ジョビンのラストアルバムに入ってたジャジーな名曲10、グルーヴィーでジャジーなピアノが効いてるナナ・カイーミでも知られる13、ゲストのギンガのギターでしっとりの14、ゲストのフランシス・ハイミのピアノが暴れてて最高な15、ラストの2曲はアップテンポでノリノリの名曲サンバで締めてます。

全17曲でボリュームもありますが、ダレることなく最後まで一気に聴けます。こんなにいいライブアルバムなかなかないような。晩年の名盤として語り継がれていきそう。

ピアノのHelvius Vilelaにも惹かれます。荒いところもあるんだけど心にくる演奏。残念ながら2010年にお亡くなりになっているようです。

ブラジル音楽好きにおすすめです。


スポンサーリンク

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
      このエントリーをはてなブックマークに追加