今夜のご紹介はこちら。

car


ブラジルの女性シンガー、Carla Bezerra(カルラ・ベゼーハ)のアルバム「Meu Amanha」です。
Caetano Veloso(カエターノ・ヴェローゾ)とかTim Maia(チン・マイア)のカバーしてるみたいで、なんか良さそうだなってことで買った1枚。この方、ブラジルはサンパウロで活動しているベテランシンガーだそうでDani Gurgel(ダニ・グジュエル)とも交流があるみたい。こちらがファーストアルバムです。


収録は全12曲。
1. Veneta 
2. Retrato Marrom 
3. Na Primeira Manhã  
4. A Bela e a Fera 
5. Agora Tá 
6. Quarenta Anos 
7. Não Enche 
8. A Linha e o Linho 
9. Meu Amanhã  
10. Borbulhas de Amor 
11. Não Vou Ficar 
12. Sweet Child O'Mine 


調べるとけっこう有名な名曲を多くカバーをしてるみたいです。

Chico Buarque(シコ・ブアルキ)とEdu Lobo(エドゥ・ロボ)の曲をジャズボッサでカバーした1、Ney Matogrosso(ネイ・マトグロッソ)の曲をラテンジャズな雰囲気でカバーした2、Alceu Valenca(アルセウ・ヴァレンサ)の曲を透明感のあるサウンドでカバーしたブラジリアンジャズギターが気持ちいい3、Edu Loboの曲をサックス、フルートなどのホーン入りでジャジーにカバーした4、色んな人がカバーしてる名曲をジャズサンバで5,Altay Velosoのサンバをしっとりと6、Caetano Velosoの名曲をホーンとエレビ入りのAORアレンジでナイスカバーな7、 Gilberto Gil(ジルベルト・ジル)の曲をムーディーなサックス入りでアコースティックにカバーした8、ファンキーなベースの入るアレンジがかっこいいLenine(レニーニ)のカバー9、爽やかアコースティックアレンジのJuan Luis Guerra(フアン・ルイス・ゲラ)のカバー10、 ホーン隊がファンキーなTim Maiaのカバー11、ラストはなぜかGuns N' Roses(ガンズ・アンド・ローゼズ)のアコースティックギターのアンサンブルが美しいアレンジでナイスカバー。

全体的にジャジーなアレンジで洗練されていて新鮮に聞けるアルバム。しつこくない歌い方でとても好みです。
次のアルバムも楽しみ。

ジャジーなMPBが好きの方におすすめです。


スポンサーリンク

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
      このエントリーをはてなブックマークに追加