本日のご紹介はこちら。

fractal

エレクトロニックアーティスト、Fractal SkullsのLP「Rayleigh Scattering」です。
なんで買ったか覚えてないシリーズ。

調べてみたらイギリスはバッキンガムシャー出身のChris Smithと言う人のソロプロジェクトっぽいです。楽器も打ち込みも全部一人でやってて、基本はギター、打ち込み、フィールドレコーディングなんかを使ったミニマル~ドローン~アンビエント。クラウトロック的なものも入っててなかなかおもしろい作品。B6にだけボーカルゲストが入ってます。


収録は全14曲。
A1 The Fog
A2 Echo Returns
A3 Foreign Bed
A4 Enjoy Your Trip
A5 Operator 
A6 Rhodes Left
A7 Slow Burn
B1 Sibenik City
B2 The Transitional Phase
B3 Anyone Tonight
B4 Ny Subway
B5 Rayleigh Scattering
B6 Good Girl
B7 Medication 

電子音の重なりが気持ちくてどっかにふっ飛ばされそうになるミニマル「Foreign Bed」、「The Transitional Phase」、「Anyone Tonight」、鳥の声のフィールドレコーディングに浮遊感のある電子音、キーボード、声が重なって気持ちいいアンビエント「Good Girl」、ラストの深海にいるみたいな気分になるドローン/アンビエント「Medication」なんか最高です。「Rhodes Left」はチープなドラムとミニマルなギターリフが重なり合うクラウトロック的トラック。これも好き。

これは意外な掘り出し物。

浮遊感のあるエレクトロニック~ミニマル~アンビエント系が好きな人におすすめです。


スポンサーリンク

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ