今夜はこちらをご紹介。

com


80年代のイタリアライブラリーミュージック作家、AlfalunaことLuana Fazzuoliという方のアルバム「Commenti Musicali - Spaziali - Suoni Dal Futuro Vol. 1&2」です。

1988年に発売されたオブスキュアなライブラリーミュージックの再発盤とのことで、内容もよく知らなかったんですけど、このジャケのライブラリーミュージックなら間違いなく好きな盤だろうと思って買ってみました。

写真はVol.1ですが、Vol.2も同時に出てたので両方購入。ジャケ画像は左下の数字以外全く一緒です。オリジナルのマスターテープからリマスターされてるようです。

調べてみるとどうやら80年代に宇宙やエイリアン系のスペシャルTVプログラム用に作られた音源らしいですけど、それ以上はよくわかんなかったです。クラウトロックやアンビエント、タンジェリン・ドリームあたりをヒントに作られたとかも書かれてました。
オリジナルは結構なレア盤のようで100ドルオーバーの値段がつけられてました。


収録はそれぞれ全10曲。すべて3~4分ほどの長さのトラックです。

Vol.1
A1    Viaggio Nell'Universo   
A2    Creature Metalliche   
A3    Stelle Sconosciute   
A4    Presenze Aliene   
A5    Mondi Di Ghiaccio   
B1    Leggende Di Altri Mondi  
B2    Incontro Ravvicinato   
B3    Ossessione Dello Spazio  
B4    Pianeti Del Mistero 
B5    Rampa Di Lancio


Vol.2
A1    Rotta Per L'infinito 
A2    Dialogo Di Robot  
A3    Navigazione Spaziale  
A4    Computer Di Bordo 
A5    Verso L'ignoto  
B1    Odissea Stellare  
B2    Gocce Spaziali  
B3    La Conquista Dello Spazio 
B4    Nebbia Cosmica   
B5    I Satelliti



レコードショップではTangerine Dream(タンジェリン・ドリーム)やNeu!(ノイ)、Brian Eno(ブライアン・イーノ)あたりが好きな人にオススメとか書かれてましたけど、もっと実験的でシンプルな電子音楽が多いですし、あんまりストレートなアンビエントって感じの曲も少ないので、BBC Radiophonic Workshop(BBCレディオフォニック・ワークショップ)あたりの電子音楽が好きな人なんかの方がしっくりくるような気がします。

内容はジャケ通りの宇宙系シンセなエクスペリメンタルミュージック。
ロボットが喋ってるようなピコピコトラックや、宇宙をUFOに乗って飛びかってるような音楽、宇宙ステーションから宇宙を眺めてるような気分になるような曲まで、かなりスペーシー。SF番組にはぴったりでしょうね。暖かいシンセ音で大好きです。

タイトル訳してみると「宇宙の霧」や「宇宙征服」、「ロボットの対話」などになってました。素敵。

イタリアフィレンツェ製のレコードとのことで透明の外カバーは蓋付きでレコード会社の型押しが入ってました。こういうちょっとしたこだわり好き。

シンセ/電子音楽好きにおすすめです。


スポンサーリンク

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ