今夜の1枚はこちら。

fa


Far Out Monster Disco Orchestraのアルバム「The Far Out Monster Disco Orchestra」です。


AZYMUTH(アジムス)のメンバーJosé Roberto Bertrami(ホセ・ロベルト・ベルトラミ)、Alexandro Malheiros(アレッサンドロ・マレイロス)やArthur Verocai(アルトゥール・ヴェロカイ)、Banda Black Rio(バンダ・ブラック・リオ)のメンバーらによるブラジリアン・スーパーバンドとのことだったので買ってみました。Theo Parrish(セオ・パリッシュ)のリミックスも入ってたので。


2枚組LPで全10曲収録。

A1. Mystery (FOMDO feat Arthur Verocai) (A. Verocai / J. Davis) 
A2. Keep Believing (Can you feel it) (J. R. Bertrami / J. Davis / M.Arnold) 
A3. Disco Supreme (FOMDO feat Arthur Verocai) (A. Verocai / J. Davis) 
B1. Last Carnival (J. R. Bertrami / A. Malheiros) 
B2. Dead Dance (J. R. Bertrami / J. Davis) 
C1. Vendetta (D. Maunick)
C2. Keep Believing (Can you feel it) (SS translation by Theo Parrish) (Special Radio Edit) SS translation by Theo Parrish (J. R. Bertrami / J. Davis / M. Arnold)
D1. Don’t cha know he’s Alright (J. R. Bertrami / J. Davis)
D2. Freefall (J. R. Bertrami / J. Davis)
D3. Mystery (Instrumental) (A. Verocai / J. Davis) (Bonus track)


思ったよりディスコディスコしてて驚きました。ソウルフルな女性ボーカルが入っていてノリノリです。

女性ボーカルのスキャットとエレピが気持ちいいブラジリアンジャズ「The Last Carnival」、アルトゥール・ヴェロカイのギターとサンバなパーカッションがかっこいい「Vendetta」、ファンキーなカッティグギターとローズにストリングスが気持ちいいファンキーディスコ「Freefall」、セオ・パリッシュのリミックス「Keep Believing (Can you feel it)」はぶっ飛びそうになる気持ちよさ。

ラストに入ってる「Mystery」のインストがヴェロカイのローズとストリングスのバランスが完璧で一番好き。これ聴くと全部インストで聞きたいと思っちゃいました。

全体的に70年代のディスコサウンドって感じでちょっと古臭さがありますけど、ベルトラミのローズやムーグ、アレッサンドロ・マレイロスのベースがファンキーでとても気持ちいいです。ストリングスとホーンアレンジはヴェロカイがやってるみたいでそこはさすがと言った感じ。

踊りたくなった時にかけちゃいそう。
ディスコ好きの方におすすめ。


スポンサーリンク

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
      このエントリーをはてなブックマークに追加