本日の1枚はこちら。

pi



Pierre Dutour & Son Orchestreのアルバム「Dance And Mood Music Vol. 9」です。

なんとなく気になって1曲目「Tracking」を視聴したらめちゃくちゃかっこいいソウルジャズだったので、よくわからなかったんですけど買ってみました。Pierre Dutourはフランスのジャズトランペット奏者らしいです。作曲者にクレジットされてるJack Arelはフレンチ・ライブラリー界の超大物らしいのでたぶんこちらの方のほうが有名だと思います。

オリジナルは69年フランス発売で、こちらは09年の再発されたものです。調べてもどういうアルバムかいまいちわからないんですけど、TVサントラなんかを集めたアルバムなんですかね。1000枚限定らしく裏ジャケに番号入ってました。


収録は全14曲。
A1.Tracking (Jack Arel, Pierre Dutour)
A2.High Fly (Garry Bellington)
A3.I Dream Of You (Jack Arel, Pierre Dutour)
A4.Waiting For (Jack Arel, Pierre Dutour)
A5.I Feel Warm (Jack Arel, Pierre Dutour)
A6.Resting (Jack Arel, Pierre Dutour)
A7.Following You (Jack Arel, Pierre Dutour)
B1.A Sunny Day (Jack Arel, Pierre Dutour)
B2.Charly’s Story (Jack Arel, Pierre Dutour)
B3.Sunset (Jack Arel, Pierre Dutour)
B4.Leaving To-Morrow (Jack Arel, Pierre Dutour)
B5.The Brass March (Garry Bellington)
B6.Forget-Me-Not (Jack Arel, Pierre Dutour)
B7.Business Is Business (Jack Arel, Pierre Dutour)

コンガなどのパーカッションやホーン、オルガンなんかの入ったグルーヴィーなソウル/ファンキー・ジャズが多くてなかなかいい感じ。たぶんその界隈では有名なんでしょうね。ラロ・シフリンとかクインシー・ジョーンズ辺りを思い出しました。

勢いのあるホーンがかっこいいファンキージャズ「Following You」、フルートがグルーヴィーなソウルジャズ「Forget-Me-Not」、 オルガンとホーンがファンキーなソウルジャズ「Business Is Business」などなど。

何曲かなんか聴いたことあるなーと思ったら「Blow Up Presents Exclusive Blend Volume 4」という持ってるレコに何曲か入ってました。「Tracking」もどっかで聴いたことあると思ったらそこに入ってました。思い出せてよかった。

あと、いま検索してて気づいたんですけど、Pierre DutourはVladimir Cosmaの「Le bal」のサントラで一曲フィーチャーされてました。Vladimir Cosma大好きであの映画もけっこう好きなんですよね。色々つながるもんですね。

ジャズファンク/ソウルジャズが好きな方におすすめです。

スポンサーリンク

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
      このエントリーをはてなブックマークに追加