今夜の1枚はこちら。


st



Stein Urheim&Mari Kvien BrunvollのLP「Daydream Twin」です。


ノルウェーのギタリストStein Urheimが好きなので買ってみました。John Faheyみたいなギターからアンビエント/ドローン/ノイズまで結構アヴァンギャルドなギターを弾く面白い人。歌も歌います。Hubroっていうレーベルから最近も作品出してます。Mari Kvien Brunvollはよく知らないんですけど、ノルウェーでソロで活動してるジャズ系ボーカリストらしいです。結構いろいろな賞取ってる人みたいです。

発売は2013年で録音は2010~12年。このコンビでのアルバムはこちらが初めてですが、これ書こうと思って調べたら2015年にも1枚だしてました。視聴したらそっちもとてもよさそう。レコードで欲しい。


収録曲は全12曲入り。
A1.Motor
A2.Sound Of His Motor (Mari Kvien Brunvoll)
A3.Wait A While (Mari Kvien Brunvoll) 
A4.Treeplanting (Stein Urhei)
A5.The Jam (Stein Urhei)
A6.Why Does It End (Mari Kvien Brunvoll)
B1.Bariton
B2.Mr. Rd (Stein Urheim)
B3.Crow Jane (Skip James)
B4.If The River (Trad)
B5.Storetrollet
B6.Free (Stein Urheim)

作曲表記のないのはフリーインプロです。

民族楽器(チャランゴ?バズーキ?)のアンサンブルが面白い「Sound Of His Motor」、アンビエントなドローンノイズの上でロックンロールしてる「Treeplanting」、アヴァンギャルドなギターノイズからサイケな展開になる「The Jam」、シンプルなギターのリフをバックに歌うテニスコーツみたいな雰囲気のフリーインプロ「Bariton」、スライド・ギターとタンバリンをバックに二人でユニゾンして歌うユニークなスキップ・ジェームスのカバー「Crow Jane」、ウクレレのリズムアレンジが面白いフォークソング「If The River」、ギターノイズのアンビエントから浮遊感のあるメロディーのボーカルが入る展開が気持ちいい「Free」などなど。

自由自在なクリアボイスの女性ボーカルとちょっとおかしいギタリストとのバランスがとてもよい面白い作品。こう聴くとフォーク調ありブルースありアンビエント的なエフェクトもあったりなので、ジャンルで言うとジャズなのかどうかわかんないですね。レコード屋では一応ジャズに置いてあったのでジャズにしときます。

ジャケの冬の森の写真も大好き。

ちょっと変わった音楽探してる方におすすめです。


スポンサーリンク

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
      このエントリーをはてなブックマークに追加