本日の1枚はこちら。

ac


Anthony Childの「Electronic Recordings from Maui Jungle, Vol. 2」です。2016年作品。


ハードミニマルで有名なSurgeon(サージョン)の本名名義の作品です。サージョンはだいぶ前にDOMMUNEで見てから好きになりました。好きって言ってもあんまり詳しくないので、ざっと調べてみるとイギリス出身で現在46歳でクラウトロックなどに影響を受けてる人みたい。あーだから好きなのか。


本名名義なので内容もちょっと変わってます。マウイ島のジャングルの中でBUCHLA社のMusic Easelというシンセを使ったインプロビゼーションとのこと。もうそのコンセプト聞くだけで気持ちよさそうだなってことで購入。


このMusic Easelっていうシンセがまた結構な名機らしく、1973年発売のオリジナルは相当希少価値が高いらしいです。2013年に復刻されてるみたいなんですけど、これで使ってるのはどっちなんですかね。と思って、見開きジャケの写真見たら結構ピカピカの機体使ってるんで復刻の方かもですね。全然いい音ですよ。


収録は2LPで全14曲。
A1.Open Channeling
A2.Truth Is Healing
A3.Old Technology
B1.I Remember
B2.Amoré
B3.Nine Personality Type Map
C1.Colonisation
C2.Super Sacred Sunday
C3.A Nightfall Of Diamonds
C4.Relational Constellations
D1.Cellular Reintegration
D2.Wyatt’s Inspection
D3.5000 Spirits
D4.Farthest Known Object


マウイ島の自然を感じながら展開される即興シンセアンビエント/ドローン。
70年代シンセらしいあたたかい音でマニュエル・ゲッチング辺りに通じる気持ちよさがあります。飛行機の音なんかに呼応するように音像が変わっていくのがとても面白いです。森のざわめき、鳥の声も聞こえたりするんで、フィールドレコーディング系アンビエントの名盤Ariel Kalmaの「OSMOSE」をなんとなく思い出しました。これはVol.1も欲しくなる。

アンビエントなシンセ/ドローン/クラウトロック好きの方におすすめです。


スポンサーリンク

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ