音楽考察感

購入したCDやレコードのレビューと言うかなんというか


    スポンサーリンク

    タグ:アルゼンチンタンゴ

    今夜のご紹介はこちら。

    lalo


    アルゼンチンタンゴジャズバンド、Lalo Zanelli & Ombu(ラロ・ツァネッリ & オンブー)のアルバム「Inmigrantes」です。


    アルゼンチンタンゴジャズという事とダリ的なシュールレアリスムなジャケも面白そうだったので買ってみました。

    この方アルゼンチン出身で80年代からパリで活動してるピアニストで、このバンドは93年結成らしいです。結構長いですね。これが3rdアルバムとのこと。基本はピアノ、ギター、ベース、ドラム、バンドネオンのクインテットで、そこにゲストでチェロや女性ボーカル、サックス、パーカッション、ドラムが入ります。バンドネオン奏者は二人いるようで1曲毎に交互に参加してます。

    収録は全9曲。作曲、アレンジはすべてLalo Zanelli本人です。

    1. Inmigrantes 
    2. Vamos  
    3. Huija  
    4. Tres Rosas  
    5. Reflets  
    6. Lo Que Sea  
    7. Papillon  
    8. El Brujo  
    9. Angelino 

    Personnel:
    Bruno Bongarcon (Guitar)
    Pablo Gignoli (Bandoneon)
    Lysandre Donoso (Bandoneon)
    Fabrizio Fenoglietto (Contrebasse)
    Javier Estrella (Drums)
    Lalo Zanelli (Piano & Compositions)

    Guest:
    Minino Garay  (Drums)#9
    Catia Werneck (Vocal)#4
    Leandro Guffanti (Tenor Sax)#2#6
    Julie Gros (Cello)#4
    Eddy Tomassi (Percussions)#1

    Inmigrantesというタイトル通り移民をテーマに作られた作品だそうです。2015年録音で発売は2016年発売の作品なので、ちょうどそこら辺はフランスの移民問題が大きくなってた時期ですかね。

    タイトル曲の1曲目「Inmigrantes」はパーカッションとギターとピアノのユニゾンから入るタンゴジャズ。タンゴとアフリカンなパーカッションが新鮮です。こういうの珍しいかも。いろんな言語の声のサンプリングが入るのは移民問題を象徴してるんですかね。日本語はなかったです。

    2曲目「Vamos」16ビートのドラムが入る複雑なメロディーのタンゴジャズ。サックスとギターとバンドネオンのユニゾンが気持ちいいです。リズムがコロコロ変わるのも面白い。ジャズの人が叩くロックなリズムの揺れ方好き。

    3曲目「Huija」はドラムがパーカッション的な雰囲気を出してるジャジーなタンゴジャズ。

    4曲目「Tres Rosas」フォルクローレ的な曲で女性のスキャットとチェロが入る切ない雰囲気の曲。深みのあってきれいな歌声で好きです。このCatiaって言う人は結構有名なボサノバ系の歌手みたいです。

    5曲目「Reflets」ジャジーなドラムとピアノがメインのストレートなジャズ。この人のストレートなジャズ曲は北欧的な美メロ感があります。途中から疾走感があって爽やか。

    6曲目「Lo Que Sea」は不穏な響きのあるタンゴ調のジャズ。テクニカルなギターソロが効いてます。

    7曲目「Papillon」はラテンなピアノとバンドネオンのタンゴが融合したようなユニークな一曲。

    8曲目は「El Brujo 」曲調はタンゴなんですけど、エフェクトのかかったピアノとギターが入ったり、水の音みたいなのも入ったりで面白いです。

    9曲目「Angelino」はアコギとピアノメインで光が見えるような暖かいメロディーのジャズな一曲。このギターの人はアコースティックも上手で気持ちいいです。明るい気分でアルバムが終わるのでなんだか希望が持てるのはいいですね。

    ジャズ色強いのでタンゴ好き意外の人も楽しめそうです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    今夜のご紹介はこちら。

    calo
    アルゼンチンタンゴのクインテット、Quinteto Criollo González Calo(キンテート・クリオーロ・ゴンサレス・カロ)のアルバム「Las nuevas formas」です。

    前情報はアルゼンチンタンゴのクインテットということぐらいしか知らなかったのですが、ジャケの雰囲気も良さそうだったので買ってみました。

    調べてみるとクインテットを率いてるバンドネオン奏者のマリアーノ・ゴンザレル・カロは作曲や演奏だけではなく、オーケストラアンサブルやタンゴ技術の教師もしているそう。このグループの前にはAstilleroセクステットというグループをJulián Peraltaと組んでいて作曲や演奏で活躍。そのセクステットではモントリオールジャズフェスなど数々のフェスでの経験を積むなど結構なキャリアのある方でした。

    収録は全11曲。

    1. Destino de tango (José Teixido)
    2. Regin (Alfredo “Tape” Rubín) 
    3. Malos tragos (Juan Seren) Canta Juan Seren 
    4. Torque (Mariano González Calo) 
    5. Cinco nombres (Mariano González Calo)  Canta Omar Mollo 
    6. Mal arreado (Julián Peralta) 
    7. Don Alfredo (Ramiro Gallo) 
    8. Sopapa (Acho Estol) Canta Julieta Laso 
    9. Madrugón (Mariano González Calo) 
    10. Capataz (Julian Peralta/Alejandro Guyot) 
    11. La próxima estación (Daniel Ruggiero) 

    Personnel:
    Mariano González Calo (Bandoneon)
    Emilio Cossani (Guitar)
    Jonatan Álvarez (Guitar)
    Pepe Gutiérrez (Guitarron)
    Federico Maiocchi (Contrabass)

    Vocal Guest:
    Juan Seren
    Omar Mollo
    Julieta Lasso

    バンドネオン、ギター×2、コントラバス、ギタロンのクインテットで3曲ゲストボーカルが入ります。
    テクニカルなギターとキレのあるバンドネオンがメインのモダンなアルゼンチンタンゴ。

    オリジナル曲の4曲目「Torque」や9曲目「Madrugón」は力強くパーカッシブなギター、バンドネオンの使い方、曲展開などがピアソラ的なので影響はかなり受けてるように感じます。同じくオリジナルの5曲目「Cinco nombres」はフォルクローレやロックなどのフィールドでも活躍しているOmar Molloがボーカルでゲスト参加。どこかメキシコのフォルクローレっぽい響きのある哀愁たっぷりの曲。

    作曲者を調べてみるとベテランもいますが、前のセクステットで組んでいたJulián Peraltaの曲やRamiro Gallo、Jose Teixidoといった比較的若い作曲家の曲を取り上げているので新鮮に聴けます。Ramiro Galloは特に最近注目されているヴァイオリンタンゴ奏者です。

    8曲目「Sopapa」で歌っているJulieta Lasoも若い女性歌手です。濃すぎない歌い方でけっこう好きです。(オフィシャルのYouTubeチャンネルに数日前に新曲が上がってました。)こういう人選もこのアルバムの特徴になってると思います。

    新しさと伝統がうまく融合したモダンアルゼンチンタンゴと言った作品。アルゼンチンは新世代にこういう伝統をうまく取り入れつつ進化させるグループがしっかり出てきますね。

    ピアソラあたりのアルゼンチンタンゴが好きな方におすすめです。
      このエントリーをはてなブックマークに追加

    今夜のご紹介はこちら。

    ber



    Bernardo Monk(ベルナルド・モンク)の「A TODA ORQUESTA」です。
    2015年アルゼンチンタンゴジャズ作品。



    この方アルゼンチンはブエノスアイレス出身のサックス奏者/ボーカリストで、Charlie Parker(チャーリー・パーカー)、Paquito D'Rivera(パキート・デリヴェラ)、Branford Marsalis(ブランフォード・マルサリス)などに影響を受けつつ、アルゼンチンタンゴにも傾倒していったという方のようです。

    アルゼンチンタンゴにハマってたので、あまり良くわからず適当に買ってたときの1枚でしたが、かなり当たりでした。

    収録は全10曲。

    1. Microcentro 
    2. A la pista 
    3. A toda Orquesta 
    4. Pentatónico 
    5. Cuando volvamos a vernos
    6. Zapadora 
    7. Chau Bulín 
    8. Que siga lloviendo así
    9. Ecos de vals
    10. Avalancha 

    Personnel:
    Bernardo Monk (Saxofones alto y soprano, voz, composición, arreglos y dirección)
    Guillermo Rubino, Juan Bringas, Damián González Gantes (Violines)
    Clara Nardozza (Viola)
    Paula Pomeraniec (Cello)
    Daniel Ruggiero , Nicolas Enrich, Ramiro Boero (Bandoneones)
    Abel Rogantini (Piano)
    Pablo Motta (Contrabajo)

    バンドネオンを加えたカルテットにストリングスの入った大所帯のオルケスタ作品で、即興やジャズの要素を多く含んだタンゴジャズになっています。

    この人のサックスが独特で他の楽器に溶け込むように演奏していて不思議な響きに感じます。バンドネオンの響きに寄せた吹き方何でしょうけど、こんなふうに演奏できるんですね。驚きました。ハーモニカでタンゴを奏でるHugo Diaz(ウーゴ・ディアス)とはまたちょっと違いますが、同じような考え方なのかもしれませんね。ソロパートではジャズ色の強いソロも吹いていて、それが他のタンゴ作品とは違う印象に聞こえます。

    激しい曲から優雅な曲まで古き良きアルゼンチンタンゴのマナーは守りつつ、スピリチュアルジャズ的な展開のあるジャズ色の強い4曲目「Pentatónico」など、新しいことにも挑戦しようとする姿勢を感じさせます。何曲か渋いボーカルも曲入っています。

    ジャズ色の強いアルゼンチンタンゴ好きの方におすすめです。
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    スポンサーリンク

    このページのトップヘ