音楽考察感

購入したCDやレコードのレビューと言うかなんというか


    スポンサーリンク

    タグ:アンビエント

    本日の1枚はこちら。

    ac


    Anthony Childの「Electronic Recordings from Maui Jungle, Vol. 2」です。2016年作品。


    ハードミニマルで有名なSurgeon(サージョン)の本名名義の作品です。サージョンはだいぶ前にDOMMUNEで見てから好きになりました。好きって言ってもあんまり詳しくないので、ざっと調べてみるとイギリス出身で現在46歳でクラウトロックなどに影響を受けてる人みたい。あーだから好きなのか。


    本名名義なので内容もちょっと変わってます。マウイ島のジャングルの中でBUCHLA社のMusic Easelというシンセを使ったインプロビゼーションとのこと。もうそのコンセプト聞くだけで気持ちよさそうだなってことで購入。


    このMusic Easelっていうシンセがまた結構な名機らしく、1973年発売のオリジナルは相当希少価値が高いらしいです。2013年に復刻されてるみたいなんですけど、これで使ってるのはどっちなんですかね。と思って、見開きジャケの写真見たら結構ピカピカの機体使ってるんで復刻の方かもですね。全然いい音ですよ。


    収録は2LPで全14曲。
    A1.Open Channeling
    A2.Truth Is Healing
    A3.Old Technology
    B1.I Remember
    B2.Amoré
    B3.Nine Personality Type Map
    C1.Colonisation
    C2.Super Sacred Sunday
    C3.A Nightfall Of Diamonds
    C4.Relational Constellations
    D1.Cellular Reintegration
    D2.Wyatt’s Inspection
    D3.5000 Spirits
    D4.Farthest Known Object


    マウイ島の自然を感じながら展開される即興シンセアンビエント/ドローン。
    70年代シンセらしいあたたかい音でマニュエル・ゲッチング辺りに通じる気持ちよさがあります。飛行機の音なんかに呼応するように音像が変わっていくのがとても面白いです。森のざわめき、鳥の声も聞こえたりするんで、フィールドレコーディング系アンビエントの名盤Ariel Kalmaの「OSMOSE」をなんとなく思い出しました。これはVol.1も欲しくなる。

    アンビエントなシンセ/ドローン/クラウトロック好きの方におすすめです。

    本日のご紹介はこちら。

    fractal

    エレクトロニックアーティスト、Fractal SkullsのLP「Rayleigh Scattering」です。
    なんで買ったか覚えてないシリーズ。

    調べてみたらイギリスはバッキンガムシャー出身のChris Smithと言う人のソロプロジェクトっぽいです。楽器も打ち込みも全部一人でやってて、基本はギター、打ち込み、フィールドレコーディングなんかを使ったミニマル~ドローン~アンビエント。クラウトロック的なものも入っててなかなかおもしろい作品。B6にだけボーカルゲストが入ってます。


    収録は全14曲。
    A1 The Fog
    A2 Echo Returns
    A3 Foreign Bed
    A4 Enjoy Your Trip
    A5 Operator 
    A6 Rhodes Left
    A7 Slow Burn
    B1 Sibenik City
    B2 The Transitional Phase
    B3 Anyone Tonight
    B4 Ny Subway
    B5 Rayleigh Scattering
    B6 Good Girl
    B7 Medication 

    電子音の重なりが気持ちくてどっかにふっ飛ばされそうになるミニマル「Foreign Bed」、「The Transitional Phase」、「Anyone Tonight」、鳥の声のフィールドレコーディングに浮遊感のある電子音、キーボード、声が重なって気持ちいいアンビエント「Good Girl」、ラストの深海にいるみたいな気分になるドローン/アンビエント「Medication」なんか最高です。「Rhodes Left」はチープなドラムとミニマルなギターリフが重なり合うクラウトロック的トラック。これも好き。

    これは意外な掘り出し物。

    浮遊感のあるエレクトロニック~ミニマル~アンビエント系が好きな人におすすめです。

    今夜のご紹介はこちら。

    em

    アンビエントシンセ夫婦デュオ、Emerald Web(エメラルド・ウェブ)の「Whispered Visions」です。

    よく知らなかったんですけど、おもしろ音楽でおなじみのFinders Keepersというレーベルからの発売でTangerine Dream(タンジェリン・ドリーム)系のコズミックシンセだということだったので試しに買ってみました。

    Bob StohlとKat Eppleの夫婦デュオで、こちらは80sに自主制作で作ったカセットテープのアナログ再発盤とのこと。このデュオはナショナル・ジオグラフィックやアップルコンピュータ、NASAなどのドキュメントの音楽制作でエミー賞などいろいろ受賞しているようです。確かに聴くとナショジオ感あります。その他にも映画からプラネタリウムの音楽まで幅広く手がけていたようです。残念ながら旦那さんのBob Stohlは90年に亡くなっているので、現在は活動してませんが、奥さんのKat Eppleはソロで色々活動しているようです。


    収録は全7曲。
    1. Jupiter Stone
    2. Ice Caves
    3. Starsail
    4. Stargate
    5. Mistress Ship
    6. Air Smith (Part One)
    7. Air Smith (Part Two)

    Personnel:
    Bob Stohl - Performer, Synthesizer, Audio Engineer, Lyrics
    Kat Epple - Performer, Synthesizer, Audio Engineer, Percussion, Flute, Composed 
    Jonn Serrie - Synthesizer 
    Ben Carriel - Percussion

    曲タイトルからも分かる通り聴いてると宇宙に飛んできそうになるまさにコズミックシンセサウンドといった感じ。フルートなどの生音と色々な種類のアナログシンセの音が重なり合って宇宙的なサウンドスケープを作り出してます。Bob Stohlは木管楽器とシンセサイザーのハイブリッド楽器といわれる"Lyricon"という珍しいものも使っています。

    メロディアスなシンセとフルートが入るニューエイジ的な1,光りに包まれてるようなシンセに有機的なフルートが絡んで宇宙に連れて行かれそうになる2、ピカピカとしたシンセがまさに宇宙船の中にいる気分になる個人的ベストのアンビエント3、尺八的な音のLyricon?とミニマルなシンセが不思議な雰囲気のアンビエント4、アコギとフルートがメロディアスな5、フルートの合奏にリバーブの効いたヴィブラフォンとシンセが入る6、重厚なシンセとタイコの壮大なオーケストレーションで終わる7。

    これをプラネタリウムとかで聴いたらぴったりでしょうね。気持ちよすぎです。

    ナショジオ、宇宙、アンビエント、シンセ、電子音楽好きにおすすめです。
    続きを読む
    スポンサーリンク

    このページのトップヘ