今夜のご紹介はこちら。

ca


ブラジルの女性シンガー、Carol Serdeira(カロル・セルデイラ)のアルバム「Lembrete」です。

ミナス出身には珍しいサンバジャズ女性シンガーとのことでなんか良さそうだったので買ってみました。
調べてみましたが、プロフィールなど出てこないので、どんな人かはイマイチわかりません。
ライブ・フェスなんかでは活動してるみたいで、こちらファーストアルバムとのこと。


収録は全6曲。ミニアルバムって感じですかね。
1. Olhou Pra Mim(Ed Lincoln e Silvio Cesar)
2. Ainda e Tempo de Ser Feliz (Samy Erick e Juliana Stanzani)
3. Samba Pra Morrer (Roger Resende e Juliana Stanzani)
4. Lembrete.Marcelo (Correa e Kadu Mauad )
5. Por Causa de Voce (Tom Jobim e Dolores Duran)
6. Toda Silencio.Carol Serdeira (Breno Mendonca e Kadu Mauad )

Pesonnel:
Vocal – Carol Serdeira
Tenor Sax – Breno Mendonça
Guitar – Samy Érick
Bass Acoustic – Bruno Vellozo
Drums – Gladston Vieira

ギター、サックス、ベース、ドラムのカルテットをバックに軽やかな歌い上げるサンバジャズで聴いてて気持ちいいアルバム。繊細なんだけど明るさのある声ですごい好み。曲調もサンバ、ボッサ、バラードなど色々入ってます。公式YouTubeにこのアルバムまるごと上がってました。「A HORA DO IMPROVISO convida Carol Serdeira」というタイトルの番組?に出てるライブもけっこう良かったです。

Samy Erickって人のジャジーなギターが効いてるので、調べてみたら公式YouTubeに「Rebento」というタイトルでアルバムが上がってました。そのアルバムに参加してるドラムとサックスの人もこのアルバムに参加してるので、もともとあるブラジリアンジャズグループがバックで参加してるのかもですね。アドリブの効いたジャジーな演奏でレベル高いです。その上がってるアルバムも全曲オリジナルのブラジリアンジャズでなかなかいい感じ。

Carol Serdeira公式YouTubeには新曲も上がってました。そちらはまたこのアルバムとは少し雰囲気が違う作風で良かったです。今年アルバムも出すようなのでそちらも楽しみ。