今夜はこちらをご紹介。

don


Don Beto(ドン・ベト)のアルバム「Nossa imaginacao(ノッサ・イマジナサォン)」です。
1978年録音のブラジリアンソウル/AOR作品。


こちらのアルバムはボサノバや南米の良質な作品でおなじみのレーベル、ボンバ・レコードが1000円シリーズで出してたので、よく内容は知らなかったのですが、ブラジリアンソウルということで試しに買ってみました。
聞いてみたらジャケの印象とは違うブラジリアンソウル/AORで驚き。

この方どんな人かというと、ブラジル出身ではなく、お隣のウルグアイ出身のシンガー・ソング・ライターらしく、TVやドラマ等の音楽の仕事を中心にしながら、ブラジルロックのカリスマ、Raul Seixas(ハウル・セイシャス)のバンドのギタリストとして在籍もしていたそうです。

収録曲は全12曲。全てオリジナルです。

1.Não Quero Mais (Don Beto, Reina)
2.Num Paraíso (Don Beto, Reina)
3.Curtindo O Silêncio (Don Beto, Reina , Walter D'Avila Filho)
4.Nossa Imaginação (Don Beto, Rein)
5.Menina Mulher (Don Beto, Reina)
6.Amor Informal (Don Beto, Reina)
7.Todos Os Caminhos (Don Beto, Reina)
8.Tudo Novamente (Brenda, Don Beto, Reina)
9.Brenda (Don Beto, Reina)
10.Saber Viver (Don Beto, Reina, Walter D'Avila Filho)
11.Renascendo Em Mim (Don Beto, Reina)
12.Pensando Nela (Don Beto, Reina)

内容はと言うとストリングスや女性コーラスの入ったなんともAOR色の強いソウル作品。特に前半、レコードで言うとA面が最高。

1曲目のギターカッティング、エレピからのホーン入りのファンキーソウル。やられます。

5曲目の少し切ないメロディーにエレピとストリングスが絡む楽曲もとても好み。途中に入るギターソロがしみます。

6曲目もメロウな良曲でサビのメロディがたまりません。ギターの音なんかなんとなくジョージ・ハリスンを思い出させる感じ。

B面の頭の7曲目はフォーク・ロックっぽいポップな曲だったり、8曲目にはディスコっぽい曲も入ってたり幅広いです。

12曲目は出だしに入るエレピと間奏のエレピが効いてるナイスバラード。

個人的にはポップ系よりストリングスと女性コーラスの入ったメロウな曲が好きです。

全曲通してアレンジが素晴らしいんですけど、アレンジャーはLincoln Olivetti(リンコルン・オリヴェッチ)という方。この方Jorge Ben(ジョルジュ・ベン)やTim Maia(チン・マイア)、Sandra De Sa(サンドラ・ヂ・サー)などを手がけていたという、ブラジル音楽界の重鎮。こういう作品聞くとこの人が関わってる他の作品もいろいろ聴きたくなりますよね。

こういうアルバムを安値で紹介してくれるボンバレコードに感謝です。ブラジリアンソウル/AOR好きにオススメ。