今夜のご紹介はこちら。

alberto


Alberto Salgado(アルベルト・サルガード)のデビューアルバム「Alem Do Quintal」です。
ブラジルのシンガーソングライターの2014年作。


前情報はMPBでアフロブラジルなシンガーソングライターのデビュー盤ということぐらいしか知らなかったのですが、アフロブラジル音楽が好きなので試しに買ってみました。

調べてみるとこの方、カポエラを9年やっていてそこでパーカッシブなリズムを身につけ、その後クラシックギターとクラシック音楽の経験を積み重ねたという変わった経歴を持ってるようです。カポエイラというとあの足だけで戦うブラジルの伝統文化ですけど、どのように音楽に影響を与えるかというのは興味深いですね。


全13曲収録で全てオリジナルです。

1. PRA VOCÊ SAMBAR 
2. PELE DO MAR 
3. VIDA LUPA 
4. MARINHEIRO 
5. ALÉM DO QUINTAL 
6. CORES DA VIDA 
7. ELIOT 
8. PLANTA COLHE 4 
9. LOMBRA 
10. SAMBAIÃO 
11. TEM UMA PEDRA "PEDRADA" 
12. A PALAVRA 
13. ALÉM DO QUINTAL (REMIX) 

Personnel:
Alberto Salgado: Composition / Voice / Guitar - all tracks / Berimbau - tracks 3 and 13
Bosco Oliveira:Guitar - tracks 1 and 9
Manassés de Souza: 12-string guitar in tracks 1, 3, 4, 8 and 12 / Cavaco track 3
Arthur Maia: Bass Fretless Tagyma - Track 4 
Dido Mariano: Bass Electric - tracks 9 and 10 
Di Steffano: Drums - tracks 1, 4, 6, 10 and 12 
Júnior Ferreira: Acordeom - Tracks 2 and 5 
Oswaldo Amorim: Bass Acoustic - tracks 2, 5, 6 and Low Fretless - track 8 
Ocelo Mendonça: Cello - tracks 1, 4 and 5 
Kai Kundrat: Bass Acoustic - track 3 
Ítalo: Keyboards - Tracks 1, 7, 11 (Keyboard and accordion) and 12 
Micah dos Santos Carlos Pial: Percussion - Tracks 1, 3, 6 (tambourine), 8 and 9 
Ytto Morais: Drums - Tracks 1, 7, 11 and 12 
Daniel Alencar: Drums - Tracks 7 and 11 (drums and zabumba) 
Westonny Rodrigues: Trumpet - Track 10 
Juninho Di Souza: Guitar - Tracks 10 and 12 
Kiko Klaus: Special Participation - Track 5 / Cajon - Tracks 3 , 11 and 13 (Remix) 
Lúcia Arantes: Special Participation - Track 9 
Rafael Miranda: Special Participation - Track 10


ギターを弾きながら歌うスタイルで、アフロブラジルらしいアーシーなメロディと都会的なジャズやクラシックなどの要素も入ったなかなか一筋縄ではいかないMPB作品でした。

ブラジルジャズギターからサンバへの展開がしびれる1曲目の「PRA VOCÊ SAMBAR 」やパーカッションとギターのアンサンブルが気持ちのいい5曲目「ALÉM DO QUINTAL」、スムースな響きのある7曲目「ELIOT」など、アコーディオンやヴァイオリン、パーカッション、管楽器など多彩な生楽器を使い、サンバやフォルクローレ的なブラジルの伝統的な印象のある曲から、都会的な響きのある曲までとても音楽性が広いです。

なんとなくカエターノ・ヴェローゾ辺りを思い起こしました。バックのDi Steffanoなどソロ作品もだしてる実力者が揃っているようでとにかく演奏がうまいです。デビューアルバムでこの良作なので今後がとても楽しみです。

新世代のMPB作品をお探しの方におすすめです。